読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年3月3日(月)、図書館総合展フォーラム2014 in 白河のご案内

すでに開催まで1ヶ月切りましたが、来月3日は図書館総合展フォーラム2014 in 白河が開催されます。詳細はこちら。

  • ブース出展
  • ポスターセッション

 

 【プログラム】
  10:00~10:30 受付
  10:30~10:40 開会挨拶、後援者挨拶
  10:40~12:00 基調講演:南相馬市の情報提供支援について(仮)
  12:00~13:30 お昼休憩兼ブース見学
  13:30~14:40 パネル討論1:東日本大震災と福島-震災後の情報提供
  14:40~15:10 休憩兼ブース見学
  15:10~16:30 パネル討論2: オンラインデータベースの活用-その課題と可能性
  16:30~17:20 館内見学 (白河市立図書館 ※申込者 先着80名)
  17:30~19:30 レセプション(
100名 4000円)

 

  • レセプション会場のホテルサンルート白河に宿泊優待あり。
    予約時に「図書館総合展に参加します」と言うと、3/2(土)、3/3(日)の宿泊料が4300円(朝食付・消費税込)

 

2012年5月には図書館総合展 in 仙台が開催され、震災アーカイブをテーマにした話をいろいろと聞くことができました。また実際に東北の方々の話を聞いたり、自分の目で見て五感で感じることで、あらためて東日本大震災について考えるきっかけとなりました。

 

今回のテーマは、「東日本大震災と福島-震災後の情報提供」と「オンラインデータベースの活用-その課題と可能性」の2つですが、やはり「東日本大震災と福島-震災後の情報提供」はとても気になるところです。福島は原発問題があるので、他の震災地域とは違ったかたちの図書館活動や報告が基調講演やパネル討論1のなかで聞けるかと思います。

 

自分自身、時が経つにつれ、震災に対する認識が少しづつ風化してしまっているような気がしていますが、震災からの復興はまだまだ終わっていませんし、関東や東海、関西などいつ大地震が来るかわかりません。被災地の方の生の声を聞き、東日本大震災からの教訓をもとに今後に備えることも大事なことだと思います。みなさんも東日本大震災から3年を迎える節目に図書館総合展フォーラム2014 in 白河に参加して、今後のリスクマネージメントを考える契機としてみませんか?

 

開催日は月曜日なので、公共図書館の方はお休みの人も多いかもしれません。また大学図書館の場合は勤務日かと思いますが、関東や東北などでは日帰り出張などでも対応が可能かと思います。東京8:20発-白河10:04着、6,490円です十分に間に合います。設置種別問わず、公務として参加する意義のある内容だと思いますので、ぜひ出張としての取り扱いもご検討ください。ということで、私もプライベートになるか公務となるかわかりませんが、ぜひ参加したいと思います。

 

あと、チームからしれんこん、チーム伊勢うどんに続く、チームだるまさん(福島県を中心に東北在勤・出身の図書館関係者による実施協力グループ)の活躍もとても気になるところです。

 

図書館総合展Facebookページのイベント情報もありますので、ぜひこちらもご参考ください。「いいね」もぜひ!!

 

f:id:shibure:20140211221545j:plain